残業代請求を穏便に済ませるなら大阪の弁護士へGO!

HOME>特集>大阪の弁護士に残業代請求の相談【苦労からの脱出】

目次

実は支払われるケースがほとんど

定められた時間外での労働は基本的に残業代が発生するものであり、会社側から入社時に残業代は支払わないと言われて納得した上で入社したとしても時間外労働は残業代が支払われるものです。ですから、残業代が入っていないとなった場合は残業代請求をすると良いでしょう。また、最近話題となっている「みなし労働制」や「裁量労働制」であっても残業代請求を行うことが可能です。また、固定残業代制の企業であっても定められている時間を過ぎていれば残業代請求は行なえるので諦めずに大阪の弁護士に相談してみましょう。残業代請求にも時効があり、2年となっているので残業代未払いに気づいた時点ですぐに弁護士に相談すると良いです。長年勤めていた会社で2年以上に渡って残業代未払いであったとしても2年分の残業代請求しか行えないので予め把握しておく必要があります。

依頼前に準備しておこう

残業代請求をする際、資料を準備しておく必要があるため確認しておきましょう。資料にはタイムカードや日報、電話の通話記録や会社の就業規則や協定書、会社の方の証言など自身が時間外でも働いていたという証拠になるものを準備しておくと良いです。また、中には資料を準備することが困難という方もいるでしょう。残業代の未払いがわかった時点で退職している人もいるかと思われますが、裁判所の証拠保全手続を利用することで資料を集めることは可能です。そのため、既に退職している場合や資料が揃えられないという方も気軽に弁護士に相談することができます。大阪で活躍している弁護士によっては完全成功報酬制をとっているところもあり万一、残業代請求に失敗してしまったとしても費用を支払う心配がありません。成功した際にだけ報酬を支払えば良いので費用面の心配なく弁護士に相談することができるでしょう。

広告募集中